How to マイコンとの接続(ベゼリー:ロボット開発はじめてキット)

by Jun Toyoda

「ベゼリー ロボット開発はじめてキット」で、ロボットとマイコンを接続する方法です。

Instructions

Step 1

事前にベゼリーの組み立て(https://snapguide.com/guides/robotsutonozu-mili-tebezerirobotsutokai-fa-hazimetekitsuto/)を終わらせておいてください。

Step 2

組み立て終わったベゼリーと、マイコン、ブレッドボード、ケーブルを用意してください。

Step 3

いちばん上のサーボから出ているケーブルは、コネクタのスリットに差し込んでおくとスッキリします。

Step 4

連結ソケットにサーボのケーブルを接続します。

Step 5

3つのサーボを上から順番に接続していきます。まずはいちばん上の(頭部の)サーボのケーブルを連結ソケットに差し込みます。赤と茶のケーブルだけを接続し、黄色ケーブルには何も刺さっていない状態にします。

Step 6

続いて中央のサーボのケーブルの、赤と茶を連結ソケットに差し込みます。先ほど刺した頭部サーボのケーブルと同じ向きになるようにします。

Step 7

最後にいちばん下のサーボのケーブルを連結ソケットに差し込みます。すべてのケーブルが同じ向きを向いていることを確認してください。すべて赤と茶のケーブルだけが連結ソケットに刺さっていて、黄色ケーブルには何も刺さっていない状態です。

Step 8

マイコン(Arduino Micro)とブレッドボードを用意してください。

Step 9

マイコンの足をブレッドボードに差し込みます。

Step 10

マイコンを水平にしたまま親指で押し込みます。斜めに差し込んでしまうと、足が曲がってしまうことがあるので注意してください。

Step 11

サーボの黄色いケーブルに、黄色い3連ケーブルを差し込みます。

Step 12

黄色い3連ケーブルをマイコンに刺します。上のサーボが9番、中央のサーボが10番、下のサーボが11番に刺さるようにしてください。逆に刺すと、頭を動かしたいときに体の向きが変わったりなど変な動きになってしまいます。

Step 13

こんな感じになります。

Step 14

連結ソケットに赤黒の2連ケーブルを差し込みます。刺す向きに注意してください。サーボの赤ケーブルが刺さっている列に赤ケーブル、茶ケーブルの列に黒ケーブルが接続されるようにしてください。

Step 15

赤黒2連ケーブルをマイコンに接続します。黒ケーブルがGND、赤ケーブルが+5Vに刺さるようにします。

Step 16

こんな感じになります。

Step 17

こんな感じです。

Step 18

パソコンとマイコンを接続します。Arduino IDEのインストールを済ませておいてください。マイクロUSBケーブルをご用意いただき、パソコンに接続してください。

Step 19

マイクロUSB端子の幅が広い面が上になるようにして、マイコンに差し込みます。パソコンと接続されると、LEDが点燈するはずです。

Step 20

パソコンとベゼリーが接続できました。念のために3つのサーボのセンタリング(中央合わせ)をしてみましょう。

Step 21

Arduino IDEを立ち上げ、3つのサーボをセンタリングするためのスケッチを作成して、Arduinoに書き込んでください。

Step 22

サーボをセンタリングした結果、ベゼリーの体が曲がってしまったら、いったんベゼリーを分解してサーボホーンを刺し直してください。お疲れさまでした。