How to BDKとArduino Microの接続方法

BDK をArduino Microに接続する手順を説明します。他のマイコンと接続する場合は、こちらのページを参考にしてください。bezelie.com/blog/?page_id=220

102 Views
How to BDKとArduino Microの接続方法
13 Steps
Supplies
Embed
1
Arduino Microにはピンヘッダ有りと無しの2種類があります。ハンダづけが面倒くさい場合は「有り」を選び、ブレッドボードに刺して使いましょう。配線をよりコンパクトにまとめたいときは、「無し」を選んでハンダ付けしましょう。

Arduino Microにはピンヘッダ有りと無しの2種類があります。ハンダづけが面倒くさい場合は「有り」を選び、ブレッドボードに刺して使いましょう。配線をよりコンパクトにまとめたいときは、「無し」を選んでハンダ付けしましょう。

2
ピンヘッダ「無し」を選んだ場合の説明をします。ロングピンソケットを買ってきて、Arduino Microのピン数に合わせて切断します。分割タイプのピンソケットのほうが切りやすくて便利です。http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-05779/

ピンヘッダ「無し」を選んだ場合の説明をします。ロングピンソケットを買ってきて、Arduino Microのピン数に合わせて切断します。分割タイプのピンソケットのほうが切りやすくて便利です。akizukidenshi.com/catalog/g/g…

Recommended For You
3
ハンダ付けするために固定します。余ったピンヘッダを使って安定させましょう。

ハンダ付けするために固定します。余ったピンヘッダを使って安定させましょう。

4
ハンダ付けします。①コテ先で基盤とピンの両方を温める。②基盤にハンダの先を押し当てて溶かす。③一呼吸置いてからコテ先を離す。

ハンダ付けします。①コテ先で基盤とピンの両方を温める。②基盤にハンダの先を押し当てて溶かす。③一呼吸置いてからコテ先を離す。

5
ハンダ付け終了。5VoutとかGNDとか良く使うピンに印をつけておくのもよいでしょう。

ハンダ付け終了。5VoutとかGNDとか良く使うピンに印をつけておくのもよいでしょう。

6
ベゼリーのサーボ(SG90)からは各3本のケーブルが出ています。赤=電源、茶=GND、黄=信号です。ピンソケットに、赤と茶が同じ向きに差し込まれていることを確認してください。

ベゼリーのサーボ(SG90)からは各3本のケーブルが出ています。赤=電源、茶=GND、黄=信号です。ピンソケットに、赤と茶が同じ向きに差し込まれていることを確認してください。

7
Arduino Microの+5VとGNDを、ピンソケットに接続します。GNDは複数ありますが、どこでも同じです。次ページでは写真で説明します。

Arduino Microの+5VとGNDを、ピンソケットに接続します。GNDは複数ありますが、どこでも同じです。次ページでは写真で説明します。

8
オス=オスのジャンパワイヤーを使って、サーボの赤線をArduinoの電源(+5V)に、サーボの茶色線をArduinoのGNDにつなぎます。

オス=オスのジャンパワイヤーを使って、サーボの赤線をArduinoの電源(+5V)に、サーボの茶色線をArduinoのGNDにつなぎます。

9
次にサーボの黄色いケーブル(信号線)を、Arduino MicroのGPIOに接続します。PWM対応のGPIO9、10、11を使います。

次にサーボの黄色いケーブル(信号線)を、Arduino MicroのGPIOに接続します。PWM対応のGPIO9、10、11を使います。

10
高い場所にあるサーボから順番に、GPIOの9番、10番、11番に接続します。Pitch(首縦振り)が9番、 Roll(首横振り)が10番、 Yaw(体横振り)が11番です。

高い場所にあるサーボから順番に、GPIOの9番、10番、11番に接続します。Pitch(首縦振り)が9番、 Roll(首横振り)が10番、 Yaw(体横振り)が11番です。

11
Arduino IDEを立ち上げ、3つのサーボをセンタリングするためのスケッチを作成して、Arduinoに書き込んでください。

Arduino IDEを立ち上げ、3つのサーボをセンタリングするためのスケッチを作成して、Arduinoに書き込んでください。

12
サーボをセンタリングした結果、ベゼリーの体が曲がってしまったら、いったんベゼリーを分解してサーボホーンを刺し直してください。お疲れさまでした。

サーボをセンタリングした結果、ベゼリーの体が曲がってしまったら、いったんベゼリーを分解してサーボホーンを刺し直してください。お疲れさまでした。

13

Arduino用のサンプルスケッチをGitHubで公開しております。シロートが書いたものなので手本にはなりませんが、参考にしていただければ幸いです。github.com/juntoyoda/bezelie

keyboard shortcuts:     previous step     next step
Comments
0 COMMENTS
View More Comments